園の方針

【健康で 明るく たくましい 子ども】

 1.心身ともに活発で、気力のある子ども

 2.自分でできることは、自分でしようとする子ども

 3.人に迷惑をかけない心がけと、友達と仲良く協力できる子ども

                        ☆

                        ☆

   自分の手で創り、自分で感じ、自分で発見することで、

     主体的に行動できるように。

     また、ときめきのある明るい心を持ってほしい。

     そう願って日々の保育に取り組んでいます。

   「先生あのね...」と、私たち保育者に話しかけて

     もらえるような、子どもとのよい信頼関係が

     できるように心がけています。

                    ☆

                    ☆



すかわ保育園...

 登園する園児や送迎バスから降りる園児の「先生、おはよう!」の元気のいい挨拶から一日が始まる須川保育園は、西有家のちょうど中間あたり、国道251号線から路地に少し入ったところにあります。
 
 園の北側には雲仙岳が広がり、南側には有明海。野山や海、ともに子ども達の足で程よい距離にあり、交通量も少なく、子ども達の大好きなお散歩コースとなっています。園の周りは田んぼで囲まれ、今の時期、田んぼを走り回る子ども達の姿が見られます。

 このように四季を通じて自然に恵まれた環境のもと、日々の生活を送っています。
遊びを通じて、人間関係や生活習慣など、これから生きていくために大切なことを学ぶ子どもたち。日々の遊びを大切にし、七夕集会・夏のプール遊び・夕涼み会・お泊り保育・運動会・おゆうぎ会・クリスマス会・お店やさんごっこなど、多くの行事を通して、いろいろな経験をさせてあげたいと考えています。

 開園以来31年間、これまで続けられたのも地域の方々の支えによるものです。在園児の親もかつての卒園生ということも珍しいことではなくなりました。これからも地域の方々との交流をもちながら、みんなから愛され、親しまれる保育園であり続けたいと思っています。














A